ここでこんなエロに食いつく娘は3人目

公開日: : 会った体験談(男性視点)

大手のサイトで25歳のサービス業の娘をGETした
最初は普通の話だったものの、何かのきっかけで話題は下ネタへ

するとこの娘メグミの食いつきが半端ない。
もうそこから下ネタばかりのメールのやり取り。

メグミは、野外露出でフェラチオするのが大好きという変わった娘だった。
だから会ってするのも野外がいいとあちらからおねだり。

表向きは割りと普通を装ってるサイトのワイワイシーだが、やはりエロい娘もいる
ここでこんなエロに食いつく娘は3人目。

なんだかんだでサイトで出会って3日目にセックスするこをと前提で面接することに。
待ち合わせ場所でメグミを車の助手席に乗せ、人気のなさそうな郊外までドライブする。
普通の娘なら引くような山の中に来たところで、俺たちは車を降りた。

「じゃあ、フェラチオするね。」

やや幼い感じの顔をほころばせて、メグミは俺の足元にしゃがんだ。
俺は自分の車によりかかり、ジッパーをおろして、ちんぽを出した。
外気にふれたちんぽは普段ありえない状況に、縮こまってしまっている。

「うふふ。いただきまーす。」

かわいいサイズのちんぽをぱくりと口に含んだメグミは、もごもごと口の中でキャンディのようにちんぽをころがす。
口内と舌の刺激で、かわいかったちんぽはみるみる大きく成長し、メグミの口いっぱいに膨らんだ。

「わあ、おっきいおちんぽだね。」

メグミはいたって無邪気にフェラチオしている。
俺は野外露出でフェラチオされるという初体験に、いまさらながら興奮してきた。
人気がないとはいえ、いつ誰にみられるかもしれないというスリルがぞくぞくと背筋を駆け抜ける。

ちゅぷちゅぷと嬉しそうに、ちんぽをしゃぶっているメグミは、そんなスリルがやみつきになって、普通のセックスでは満足できなくなってしまったのだろう。

手でしごきながら、舌を絡ませているメグミの動きにはためらいがなく、たまにゆっくりになったり、早めになったりという緩急のつけ方も手馴れたものだった。

よだれまみれになったちんぽを口から出されると、よだれが外気で急に冷たくなって、寒く感じる。
そこをあたたかい口の中に含まれると、とろけそうな気持ちよさを味わうことができる。

俺は野外露出フェラチオがやみつきになりそうな予感がした。
ちんぽを口に咥えて上下に動かしながら、両手でしごかれはじめると、射精感が突き上げてきて、がまんできなくなった。

「もうイく・・・。」

メグミが口からちんぽを出さなかったので、口内射精してしまった。

どぴゅっとすごい勢いでメグミのノドの奥に吐き出された精液は、そのままごくりと飲み込まれ、しぼりだされるように、何度か口に含んだままのちんぽに吸い付かれた後、ゆっくりと開放された。
あまりの快感に下半身に軽いしびれが走り、酸欠でふらふらした。

「私のフェラチオ、気持ちよかった?」

メグミは口を手の甲でぬぐいながら、得意げに俺をみている。

「もちろん。最高に気持ちのいいフェラチオだったよ。」

実際、今までフェラチオされた中で、ナンバーワンといっていい気持ちよさだった。

「ねえ、フェラチオしたら、メグミも濡れちゃった。」

メグミは俺に背を向けると、お辞儀するようにおしりを突き出し、自分でパンティを下ろして、スカートをまくってみせた。

「ほらね。おまんこがびちゃびちゃでしょ。」

さらに、自分でおまんこを広げて、奥のほうまでみせてくれる。 愛液でつやつやと光るおまんこは、とてもおいしそうだ。

俺はしゃがんでメグミのおまんこに顔をよせると、べろべろと犬のように舐めた。

「あっ・・・ああ・・・。」

自分の太ももに手を置いてバランスをとっているメグミは、俺が舌をはわせるたびに、大きなあえぎ声をあげる。

前の方に手を回して、クリトリスをいじりながら、れろれろと膣口付近を舐めまわすと、カラダをのけぞらせてよがった。

「ああん・・・すごく気持ちいい・・・おまんこいいの・・・。」

俺は一度メグミからはなれて、俺の車のサイドの窓ガラスに両手をつかせて、後ろからおまんこに指を入れた。
ずぶっずぶっとおまんこの奥に指を入れられるたびに、嬉しそうな声をあげるメグミはここが外だということなんて、もう頭にないのだろう。

クリトリスを左手の親指と人差し指でこちょこちょいじりながら、二本にした指でおまんこをぐちゃぐちゃにかきまわしていると、指をしめつけながら、メグミがイった。

「もうイっちゃうの・・・すっごくいいの・・・。」

びくびくとカラダを震わせた後、満足そうなため息をついたメグミはうっとりと俺を見上げた。

「すごく気持ちよかった。次は、おちんぽをおまんこにちょうだい。」

俺はすっかり回復したちんぽをバックからメグミに突き刺した。

「あん・・・あは・・・入ってくるよ・・・おちんぽ・・・大きい・・・。」

おまんこの奥までちんぽを入れ終わったとき、急に、車が通りかかった。 挿入に夢中になっていて、気がつかなかったらしい。

もう抜くわけにもいかず、なるべくメグミに密着して、車が通り過ぎるのを待つ。

「あ・・・みられてる・・・おまんこにおちんぽ入れられてるの・・・みられてるよぉ・・・。」

メグミは嬉しそうにささやき、おまんこをぎゅうぎゅうとしめた。

人に見られて悦ぶ真性の露出狂だったらしい。 俺は車が通り過ぎるとほっとして、いそいそと腰を動かし始めた。

「ああっ・・・あん・・・おちんぽいい・・・硬い・・・。」

うねりながらまとわりついてくるメグミのおまんこの気持ちよさと、野外露出セックスだという興奮で、俺は記録的な速さで射精してしまった。

俺がメグミのおまんこの最奥に精子を吐き出すのと同時に、メグミもカラダをびくびくさせてイってくれたので、何とか満足させられたが、いろんな意味でハラハラしたはじめての野外露出セックスだった。

メグミと会ったサイトワイワイシー

関連記事

気軽にセックスできる相手を見つけるために出会い系サイトに登録

僕は中年になった今でも独身です。 別にモテないわけじゃなく、ただ面倒くさいからです。 気軽にセッ

記事を読む

no image

彼女&セフレ有りの為適当に都合のいい関係希望

彼女&セフレ有りの為適当に都合のいい関係希望。爆撃に引っかかった物件。 結婚したものの理想と現実

記事を読む

no image

あちらの募集にこちらが応募してメール開始

あちらの募集にこちらが応募してメール開始。 最初から話し口調の文体「あたし○○なんだ~」で多少萎え。

記事を読む

お互い都合つかなく一ヶ月を要してやっと面接へ

写メ交換しない主義ですが、相手が気になり交換。可愛く色気ある人。童顔で若く見えます。 面接前

記事を読む

otoko

30歳の超美人なギャルお姉さんは性格に難ありだった

ほんのり佐々木希に似てる。(以下、希で)希は美人さん。もう本当に美人。 身長は160cmくらいだった

記事を読む

no image

サイトを通じて知り合った女と会うことになったんだけど

微妙に板違いかもしれないけど、少し昔話でも。 20代前半ぐらいのころで、ちょうど彼女がいないときだっ

記事を読む

サクラっぽい書き込みだったけど本当にセックス中毒の女だった体験

サクラっぽい書き込みだったけど本当にセックス中毒の女だった体験

いかにもサクラっぽい書き込みだったけど、とりあえずメールしてみる アドレス交換から即アポまで順調に

記事を読む

童貞だけど出会い系でカキコしたら1人だけ返事をくれました

この前、ついに筆下ろししました。 23歳にもなって童貞ってことに ものすごくコンプレックス持

記事を読む

otoko

サクラをかぎわけ若い娘やら熟女やら食いまくった

就職難でなかなか就職が決まらず結局大学出たてだった俺は、フリーター状態だった。 バイト以外では特に

記事を読む

おっさんでもギャルとヤレる出会い系サイトはヤバい!

若くてギャル系が好きなおっさんです。 以前、出会い系サイトで知り合った夏海ちゃんとは、もう半年ぐらい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

経験豊富な年上の男性に幸福度の高いエッチをしてもらった時の話

最近チヤホヤされてないなーっとボンヤリ昔遊んでた出会い系に改め

「残念ながら好みじゃない」って返信したんだけどなぜかラブホでアブノーマルなエッチ

スーツリーマン希望で釣糸を垂らしていると普通に『仲良くしてくだ

ビッチな私の体験談がエロい?(OL/26歳)

彼氏いない歴2年半ぐらいで一人が楽でちょいちょい遊んでる26歳OL

筋肉と体つきがタイプでセックスレス既婚者同士だった2人の体験談

31歳の人妻です。セックスレス歴が3年を超えてしまい このまま枯

年下の男の子とヤル気まんまんで昼間からラブホに行きました

某出会い系サイトでアプローチされる。 彼女もいないし毒男なので警

→もっと見る

PAGE TOP ↑